新生児の便秘 解消 砂糖水

砂糖水を摂取して新生児の便秘を解消する方法

「新生児に砂糖水?」と思った方もいると思いますが、新生児の便秘解消に砂糖水は効果的です。

マッサージやエクササイズなどでも、便秘が解消されなかった場合は、この砂糖水を試してみて下さい。

昔から、赤ちゃんの便秘には砂糖水が効果があるとされてきましたが、それは今も同じです。
糖分には、うんちを柔らかくして、排便しやすくするため、便秘解消には効果的です。

では、どの程度の濃度の砂糖水を与えればよいのかについてご紹介します。


赤ちゃんに与えるからと言って、赤ちゃん用の特別な砂糖を使うわけではありません。
コーヒーや紅茶に使われるスティックシュガーのようなグラニュー糖を使います。
白湯100mlに5gのグラニュー糖を溶かすだけで、5%の砂糖水を作ることができます。
赤ちゃんに与えるときは、一肌に温めて与えて下さい。
始めは20ccくらいの量から始めます。
甘いので、赤ちゃんはよく飲んでくれると思いますが、与え過ぎると、かえって下痢になってしまうので、気をつけて下さい。

この濃度と量で効果がでなかったからと言って、濃くしたり量を増やさないようにしてください。
この場合は、小児科などで相談することをオススメします。

また、一肌より、若干低めの温度にすると、胃腸を刺激して、便を排泄しやすくなります。


砂糖水を使う場合は、使っている容器にも気を配り、必ず消毒したものを使うようにしてください。

砂糖水は、手軽に作って与えることができるので、どうしても便秘が解消できない場合は、試してみて下さい。


新生児の便秘関連情報

新生児の便秘解消方法として、砂糖水を摂取する方法をご紹介しています。
糖分にはうんちを柔らかくして排便しやすくする効果があります。
では、赤ちゃんに砂糖水を与えるときはどうすればよいのでしょうか。