新生児の便秘 目安

どこからが便秘なの?新生児の便秘を判断する目安

新生児の便秘と言っても、個人差があり、1日でなかったからと言って、便秘と判断するわけではありません。

ここでは、どういった場合に、新生児の便秘と判断したら良いのか、その目安についてご紹介します。


生まれたばかりのかわいい赤ちゃんのウンチが、1日でもでなかったら、非常に気になりますよね。
「体調はが悪いのかな?」「お腹が張って苦しいのでは?」などと心配になるのではないでしょうか。

確かに、1日でないだけでも便秘と判断される場合もありますが、一概にはそうとも言い切れません。

大切なのは、日数ではなく、普段の便の様子との違いです。

新生児期は、便の回数が多く、母乳やミルクを飲むたびにする、という赤ちゃんが多いものですが、1日3回、毎日便が出る赤ちゃんと、1日1回、毎日でる赤ちゃん、1日おきに便が出る赤ちゃんなど、便の回数は赤ちゃんによって異なります。
そのため、1日でなかったからと言って、それが全て便秘とは当てはまらないのです。
毎日便通がある赤ちゃんでも、1日でなくても心配がない場合がほとんどです。
例えば、1日〜2日、便通がなかったとしても、機嫌よく過ごしている場合は、便秘ではないと判断しても大丈夫ですし、1日でないだけで、お腹が張って機嫌が悪い場合や、便通後にもいきんだり、お腹が張っている場合は、便秘を疑った方がよいでしょう。

また、3日以上便通がない場合は、便秘の可能性が高いですので、解消してあげる必要があります。

新生児期は、生後4週間までの赤ちゃんのことを言いますが、生後すぐと、生後3週間経ってからとでも、便の様子は異なってくることも多くあります。
同じ新生児と言っても、生まれてからの日数の違いによって、便の状態が変わってくることもあります。

新生児の便秘を判断するには、普段の便の様子を注意深くみておき、同時に、赤ちゃんの様子と合わせて判断するようにしましょう。

新生児の便秘関連情報

新生児の便秘は、どこからを目安とすればよいのでしょうか。
どんなところにポイントを置いて、便秘と判断すれば良いのかの目安をご紹介します。