新生児の便秘 母乳

新生児の便秘と母乳には深い関係があります

新生児の便秘と母乳の関係についてご紹介します。


新生児の便秘と母乳には大きな関わりがあり、ミルクで育てる場合と比べて、便秘になりにくいとされています。

栄養面に関して言えば、ミルクも母乳に劣らないほど栄養豊富ですが、母乳育児の場合消化が良いため、飲むたびに排便する赤ちゃんも多いのです。
そのため、1日に何回もウンチをするので、おむつ替えが大変なほどです。
しかし、母乳の場合は、ウンチの回数は多くても、1回の量は多くないこともあります。

しかし、中には、「母乳で育てているのに、赤ちゃんが便秘になった」という方もいるでしょう。
そんな方は、母乳が足りていないのかもしれません。

母乳で育てていると、ミルクのように1回あたりどのくらいの量を飲めているのかわかりません。
そのため、飲みたいだけ飲ませて、自然と離すのを待ったり、ある程度の時間を目安に離すという方がほとんどだと思います。
母乳不足を判断する目安として、だらだら30分以上も飲み続けている、授乳後も機嫌が悪い、体重が増えないという3つのポイントがあります。
一つでも思い当たることがあれば、母乳が不足しているのかもしれません。
この場合は、自己判断でミルクを足すのではなく、まずはかかりつけの医師に相談してみましょう。


母乳がしっかり飲めている場合でも、便秘がちな新生児もいます。
こういう場合は、赤ちゃんの体内への吸収率が良いためと考えられ、心配は要りません。
体重増加が順調で、機嫌がよく、母乳の吸いつきも良い場合は、問題ありません。


母乳は、赤ちゃんの心身の成長にも、母親の産後の体調にも良い効果をもたらせるので、可能であれば、母乳育児がオススメです。

新生児の便秘関連情報

新生児の便秘と母乳には、関連性があり、母乳はミルクに比べて消化が良く、便秘になりにくいとされています。
新生児と母乳との関係をご紹介します。