新生児の便秘 出血

新生児の便秘と出血の理由

新生児の便秘と出血についてご紹介します。


おむつを替えようとして、おむつを開けたら、出血をしていてびっくりした、なんてこともあると思います。

通常、新生児期のウンチは、非常に柔らかく、ドロドロの状態なのですが、便秘の赤ちゃんは、固いウンチをすることが多く、いきんだ時に肛門がさけたり傷ついたりして、出血してしまいます。

経験したことがある方もいると思いますが、便秘による出血は痛いため、心配になるママが多いと思います。
しかし、肛門は、他の部分に比べて治癒力が高いため、すぐに出血が治まるようであれば、問題ありません。

しかし、タラタラと出血が続いている場合や、翌日も出血している場合は、深く傷ついている場合もありますので、小児科などを受診したほうがよいでしょう。
新生児の便秘が続き、排便のたびに出血したり、まとまって出血した場合は、赤ちゃんの痔になっている可能性があります。
赤ちゃんの痔になってしまうと、裂けたところから細菌が入り、炎症を起こしたり、肛門の一部が肛門から飛び出してしまう場合もありますので、普段以上にお尻を清潔に保ち、小児科でみてもらいましょう。


心配なのは、排便時の痛みによって、出したいのに我慢してしまって、さらに便秘が悪化することです。
たまの便秘で肛門が切れてしまうのはある程度仕方のないことですが、これが習慣になってしまわないように、注意してあげましょう。


新生児の便秘による出血は、すぐに止まれば、経過を観察し、排便時に痛がっていないか、再度出血していないかなどを注意深くみてあげ、心配な場合は、小児科などで見てもらえば、軟膏などを処方してもらえますので、相談してみて下さい。

新生児の便秘関連情報

便秘の新生児は、固いウンチをすることが多く、出血してしまうことがあります。
出血してしまう理由や、心配される症状とは何なのでしょうか。
新生児の便秘と出血についてご紹介しています。